SSパソコンワールド sspcw.exblog.jp

東京女子大学同窓会埼玉支部のパソコンに関する情報をお届けします


by SSPCW
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今日はIDとパスワードのお話です。
パソコン教室でインターネットの話をしていると、

「先生、ログインって何ですか?
 IDとかパスワードなんて言われても、
 全然意味が分かりません」

なんて質問を受けるときがあります。

話しは少し横道にそれますが、Microsoft社は、
何でWindowsという名前を付けたのかご存知ですか?

Microsoft社は、パソコンを一軒の家に見立てています。
家にいながら、窓から、外の世界を眺めるのがパソコンだと、
イメージしているわけです。
そして、この窓はいくつでも開くことができます。

ですから、Microsoft window ではなくて、
Microsoft Windows と複数形になっているんですね。

小さなs一つですが、この小さなsにも
大きな意味が含まれているわけです。

さて、話を元に戻します。
上記のような質問を受けた場合は、
私はこのMicrosoft社のアイディアを借りて説明します。

ログインとは、お友達の家に遊びに行ったときに、
玄関でドアチャイムを、ピンポーンと鳴らします。

これが、ログインの始まりです。
要するに、
「こんにちは。お邪魔させてください」ということです。

お友達は、ドアチャイムが鳴ったので、インターホンで
「どちら様ですか?」
と尋ねます。

「私は〇〇です」
と名のります。これがIDです。

最近は不審者が多いので、名前を名乗っても、
友達は、簡単には玄関のドアを開けてくれません。
「申し訳ないですが、合言葉を言ってください」
とさらに言います。

「△△です」
と答えます。これがパスワードです。

お友達は、合言葉が正しければ、玄関のドアを開けてくれます。
これで、無事にお邪魔することができて、
ログインが終了したわけです。

さて、前置きが長くなりましたが、
インターネットで会員登録をすると、
このIDとパスワードを登録しなければなりません。

登録画面で「IDとパスワードを保存する」
という項目がありますが、
ここにチェックを入れると、
次回から、ログインをするときに、
簡単に会員登録したサイトに入ることができます。

この機能はとても便利ですが、
IDとパスワードは保存するのは、やめましょう。
面倒ですが、毎回IDとパスワードは入力することにします。

IDとパスワードはパソコンの秘密の場所に、
暗号化されて保存されています。

ですが、もし、泥棒が入ってきた場合、
秘密の金庫に隠しておいたIDとパスワードを、
鍵を開けて、盗んでしまいます。

この泥棒がウィルスなのです。

大事なIDとパスワードを盗まれないためにも、
保存するのはやめたいものです。

セキュリティソフトを入れているから大丈夫、
と思うかもしれませんが、敵は、カシコイ!
新しいウィルスを作って、
難なく鍵を破って侵入してくることがあります。

残念ながら、セキュリティソフトは、
新しいウィルスが出てから、
そのウィルスを駆除するソフトを作るので、
新しいウィルスには、対応していないのです。

ですから、セキュリティソフトは
常に最新のものに更新しておく必要があるわけですね。

さて、HPの閲覧が終わって、お友達の家を退出するときは、
「さようなら」
といって、玄関のドアを閉めます。
これがログアウトです。

IDとパスワードを保存しないことも大切ですが、
ログアウトすることもお忘れなく!

ログアウトをしないということは、
玄関のドアを開けっぱなしで、退出することと同じ。
まさに、「泥棒さんいらっしゃい~」状態です。

そうそう、同じ理由で、
クレジットカードの番号なども、
保存しないでくださいね!













..... Ads by Excite .....
[PR]
by SSPCW | 2015-10-14 16:20 | 荒木純子先生のパソコンコラム
 初めまして! 荒木純子です。

 今回のメルマガから、パソコンのコラムを担当することになりました。

 おもに、セキュリティについて、シリーズでお話ししていく予定です。
 皆さんが、知っていることも多いかもしれませんが、
 知っている場合は、おさらいのつもりで、読んでいただけると嬉しいです。

 もし、こんなことを話してほしい、こんなことが分からない、
 ということがありましたら、遠慮なくこのメルマガに返信してください。
 出来る限り、お答えしていきたいと思います。

 さて第1回は、インターネットの基本の基

 皆さん、パソコンにセキュリティソフトは入っていますか?
 セキュリティソフトが入っていない状態で、インターネットをするのは、
 無免許で車を運転するのと同じです。
 ウィルスファイルは、いつも更新して、最新の状態で使います。

 最も、最近は、パソコンを購入すると、セキュリティソフトが入っており、
 すぐに使えるようになっています。
 そして、自動でアップデートしますので、ウィルスファイルが古い状態のまま、
 ということはなくなりましたので、上記のことは、
 あまり心配する必要がなくなりました。

 気をつけなければならないのは、有効期間切れ。
 ついつい面倒くさくて、有効期間延長するのを忘れていませんか?
 有効期間が切れる前に、必ず期間延長をしておきましょう。

 さらに言うなら、セキュリティソフトは、2年に1度位は買い替えます。
 新しいソフトは、セキュリティ機能が強化されていますので、もっと安全です。

 さて、こういう質問を受けるときがあります。

 「プロバイダにウィルスチェックをしてもらっているので、
 セキュリティソフトを入れなくてもよいのではないですか?
 セキュリティソフトを入れると、動作が重くなって、使いづらいのです」

 これは、要注意!

 プロバイダがウィルスチェックサービスを始めたときに、
 すぐに申し込んだ人は、特に要注意です。

 プロバイダは、最初は、メールのウィルスのチェックサービスだけでした。
 ですが、最近は、サービス内容も充実し、
 オプションでHPのチェックのサービスを行うプロバイダも出てきました。

 もう一度、自分がどのような契約をプロバイダとしているのか、
 確かめましょう。

 もし、メールのチェックだけでしたら、
 プロバイダは、私たちが閲覧するHPはチェックしませんので、
 セキュリティソフトは必須です。

 最近はメールについてくるウィルスだけでなく、
 HPに巧妙に仕込まれたフィッシング詐欺も多いですから、
 メールのチェックを頼んでいるのだから、セキュリティソフトは外してしまおう、
 なんていうことはしないように!

 そして、今回は、もう一つおまけ。
 安全なサイトの見分け方です。

 私たちは、色々な場面で、個人情報を入力する機会があります。
 安全なHPのURLは、必ずhttpsではじまっています。

 httpとhttpsの違いは何でしょう?
 httpsとは、Hypertext Transfer Protocol Secure の頭文字をとったものです。
 httpsは、入力した情報を暗号化して、送ります。

 それに対してhttpは、情報を暗号化して送りません。

 ですから、httpではじまる、HPに個人情報を入力すると、
 脇から、個人情報を読み取られてしまうのです。

 お買い物をする際も、http で始まるサイトでお買い物をしてはいけません。
 httpではじまるサイトは、99%詐欺サイトと言って、差し支えありません。

 個人情報を入力する場合は、ちょっと、画面の上の方を見て、
 URLがhttps 始まっているかどうか、確認する習慣をつけましょう。













..... Ads by Excite .....
[PR]
by SSPCW | 2015-10-14 14:12